あなたは速筋タイプ?遅筋タイプ?簡易的な測定方法

 

己の筋肉は速筋が多いのか、それとも遅筋が多いのか、一度は気になったことがあるはずだ。筋線維組成で述べたように、比率は遺伝的要因によって決められ、速筋線維は収縮速度が速く、遅筋線維は疲労耐性が強いという特徴がある。

自分の筋線維組成の比率を知ることによって、どの種目が自分に最適かどうかある程度推測することができるはずだ。その要因だけで決めつけるのはいけないが...

 

そのような喉から手が出るほど欲しい情報が、

50m走と12分間走を計測するだけで簡単にわかるのだ。

普段研究では、ニードルバイオプシー法を用いて注射針のようなもので筋を取り出して調べる。外科的手術のため、できる人間は限られていて、まず現場では応用できない。

今回紹介する勝田ら(1989)の実験では、ニードルバイオプシー法50m/12分間走との関係について調べたものである。

 

この研究では、2段階構成で実験が行われており、実験1では競技者(短距離 13名 長距離17名 十種競技1名 ハンドボール1名)で行い、実験2では非競技者(一般男子学生)で行った。

 

方法

(1) ニードルバイオプシー法によって、外側広筋から筋を採取して速筋と遅筋の%比率を算出する

(2) 50m走タイムと12分間走の距離を測定する

 

結果

実験1と実験2の結果より、50m/秒と12分間走/秒から外側広筋の速筋の%areaを推定する場合、

①鍛錬者と非鍛錬者ともに同じ推定式を用いてよいこと

②その推定精度が高いこと

がわかった。

 

その推定式は、Y=-59.8+69.8X  (決定係数=76.7%  p<0.05)である。

つまり、50m走の速度/12分間走の速度を求めて、推定式に当てはめると運動スキルに関わらず、自分の外側広筋の速筋線維の割合がわかるのだ。

 

例えば50mが7秒12分間走が2800mだったとする。それぞれ秒速は、7.14m/秒(50m÷7秒)、3.89m/秒(2800÷720秒)で、50m走の速度/12分間走の速度比は、X=7.14/3.89となる。推定式は、Y=-59.8+69.8X だから

Y=-59.8+69.8×(7.14/3.89)

Y=68.31.....

よって、この人物の速筋線維の分布比率は68%ということがわかったのだ。

 

ちなみにこの実験は、男子大学生で行ったものであり、女性や子供に対して同じ結果が出るかはわからない。また、被験者には必ず全力で行ってもらうことが必須である。よって、他人に実施させる場合、心理的要因をコントロールすることが難しそうだ。また、これは速筋の%areaであるので、ウエイトトレーニングを実践している人は高い数字が出るであろう。

 

 

 

勝田 茂, 高松 薫, 田中 守, 小泉 順子, 久野 譜也, 田淵 健一(1989)               50m走と12分間走の成績による外側広筋の筋線維組成の推定 ,  34:141-149