2016年04月28日 21:43

加圧トレーニングの効果は四肢だけなのか?

 

軽い重量でもすぐに激しいパンプアップが起こる加圧トレーニング。加圧によって血流を制限することで、筋自体に大きなストレス環境が生まれ、筋肥大すると考えられている。

主に加圧をかける部位は、上腕部や大腿部の根元側である。トレーニングをすると加圧をかけた部位から遠位側がうっ血するイメージがある。果たして、トレーニング効果があるのは四肢だけなのだろうか?

     

Yasudaらの実験では、加圧をかけてベンチプレスを行ったところ、四肢側だけでなく加圧ベルトよりも体幹側である大胸筋や三角筋なども筋活動量の上昇がみられたようだ。また他の実験でも、四肢側だけでなく大胸筋や大臀筋などの筋肥大が認められたようだ。

したがって、加圧トレーニングは遠位側だけでなく、体幹側にも効果があるのである。

 

Yasuda T, Fujita T, Miyagi Y, et al. :Electromyographic responses of arm and chest muscle during bench press exercise with and without KAATSU. int j kaatsu training res,2:15-19,2006

 

—————

戻る